就職後、身の程に合わない大抜擢

私が就職活動の自己PRで盛り過ぎて、後々予想外の大抜擢に巻き込まれたお話をさせていただきます。私は大学3年生の時に世間一般の例に漏れず、就職活動をしていました。3年生の3月、就活が始まってまだ3ヶ月でしたが、当時の私は内定が取れない事に非常に焦っていました。周囲の友人が私を残して皆大企業や希望通りの会社に内定が決まっていたからです。血迷った私は、それまでずっと志望企業にはねられてきた自己PRに手を加えました。内容を盛りました。一の事実を十に膨らめて自己PRを書き直しました。

続きを読む

収入アップに繋げたい副業。でも、こんな点にも注意

最近では、本業の仕事以外にも、副業として何らかの仕事をしていると言う人も少なくありません。また、副業にもいろんな種類のものがあり、外で働くものから、自宅でネット回線を使用して出来るものまで、沢山の仕事があります。そのため、少しだけ収入をアップさせたいと思ったら、手軽に仕事を始めることも可能です。

続きを読む

職にありつきたく中国語ができると嘘を

就職活動中、正直言うと就職したもの勝ちという考えがどこかにありました。とにかく働いてお金を得たかったために、就職後にどう困ろうが、就職することが先でした。就職後に自分の無能がばれても、そう安々と解雇はされないだろうと、たかをくくっていたのです。いじめられても、パワハラされても、とにかく職でお金を稼ぎたいという欲求を持っていました。

続きを読む

転職ならエン・ジャパンの転職サイト

学生時代の就職活動の面接を振り返る

大人しくて緊張しいで、自分のアプローチがとても下手な生徒だった私は、学生の頃の就職活動は本当に酷いものでした。学校で面接練習を行ったときには緊張しすぎて笑顔が強張るので、何度も先生に注意されました。面接中に自然な笑顔が出ないというのは、マイナス点です。私はこれができなくて、口元がひくひくしてしまうのが悩みでした。このせいで面接に自信が持てなくて、益々就職活動に消極的になりました。

続きを読む

志望する業界と企業の安全性を知っておかないと後悔する

初めての就職活動では金融機関を志望しており、望み通り第一志望の所から内定を得られました。ところが、業界の置かれた状況や企業の健全性の分析が甘く、入社後経営が悪化し、希望していた仕事が十分できなくなりました。もし就職活動をやり直せるとしたら、こうした後悔をしないためにも、業界と企業の安全性などをよく分析しておくつもりです。

続きを読む

甘く見てはいけない企業研究、業界研究

私が今もう一度新卒採用の就職活動をするとすれば、企業研究や業界研究という知識面の強化に比重を置いた上で採用試験を受けたいです。 というのも、私が就職活動で失敗した原因はまさにそれらの勉強不足であったということを痛感しているからです。

続きを読む

やり直せるなら就活の授業を真面目に受けたい

医療事務の経験がなく、落とされてしまったアットホームなクリニックの求人

割烹料理屋での上司たちとの関係

もっと社会を知ってから社会人になるべき