職にありつきたく中国語ができると嘘を

就職活動中、正直言うと就職したもの勝ちという考えがどこかにありました。とにかく働いてお金を得たかったために、就職後にどう困ろうが、就職することが先でした。就職後に自分の無能がばれても、そう安々と解雇はされないだろうと、たかをくくっていたのです。いじめられても、パワハラされても、とにかく職でお金を稼ぎたいという欲求を持っていました。

続きを読む

学生時代の就職活動の面接を振り返る

大人しくて緊張しいで、自分のアプローチがとても下手な生徒だった私は、学生の頃の就職活動は本当に酷いものでした。学校で面接練習を行ったときには緊張しすぎて笑顔が強張るので、何度も先生に注意されました。面接中に自然な笑顔が出ないというのは、マイナス点です。私はこれができなくて、口元がひくひくしてしまうのが悩みでした。このせいで面接に自信が持てなくて、益々就職活動に消極的になりました。

続きを読む

志望する業界と企業の安全性を知っておかないと後悔する

初めての就職活動では金融機関を志望しており、望み通り第一志望の所から内定を得られました。ところが、業界の置かれた状況や企業の健全性の分析が甘く、入社後経営が悪化し、希望していた仕事が十分できなくなりました。もし就職活動をやり直せるとしたら、こうした後悔をしないためにも、業界と企業の安全性などをよく分析しておくつもりです。

続きを読む

転職ならエン・ジャパンの転職サイト

甘く見てはいけない企業研究、業界研究

私が今もう一度新卒採用の就職活動をするとすれば、企業研究や業界研究という知識面の強化に比重を置いた上で採用試験を受けたいです。 というのも、私が就職活動で失敗した原因はまさにそれらの勉強不足であったということを痛感しているからです。

続きを読む

やり直せるなら就活の授業を真面目に受けたい

私は学生時代に就職活動を真面目にやらなかったことをすごく後悔しています。その頃、私は付き合っていた人がいたのです。私よりも3つ年上だった彼は、すでに働いていました。そして私に「俺のところに永久就職したら?」と何度も言っていて、私はその言葉を真に受けていたのです。学校で先生から就職のことを話題にされても、まったくそ知らぬふりでした。私には就職する必要がないと思っていたのです。おそらく先生のことも困らしていたと思います。こうして私は学校を卒業して、彼と同居するようになりました。

続きを読む

医療事務の経験がなく、落とされてしまったアットホームなクリニックの求人

私は、医療事務のアルバイトを探していた時に、一度落とされた経験があります。医療事務の資格試験などのために専門学校に通っていたりと、長い間机に向かう時間の方が長かったですので、急にフルタイムで働くことは大変かなと感じ、まずは勤務時間に融通の利くアルバイトから始めてみようと思い、医療事務のアルバイトの求人を探しておりました。

続きを読む

割烹料理屋での上司たちとの関係

もっと社会を知ってから社会人になるべき

お前の夢、ある意味叶ってるでと伝えたい

スキル不足以上に得るものが大きい仕事