医療事務の経験がなく、落とされてしまったアットホームなクリニックの求人

私は、医療事務のアルバイトを探していた時に、一度落とされた経験があります。医療事務の資格試験などのために専門学校に通っていたりと、長い間机に向かう時間の方が長かったですので、急にフルタイムで働くことは大変かなと感じ、まずは勤務時間に融通の利くアルバイトから始めてみようと思い、医療事務のアルバイトの求人を探しておりました。

いろいろな医療のアルバイト求人情報誌やWeb求人サイトなどをチェックしていた時に、ご夫婦で開院されているクリニックがありましたので、目に留まりました。求人に載っていた写真なども、とてもアットホームな印象を受けましたので、職場の皆さんと楽しく働けるのではないかと思い、すぐに履歴書を送付させていただきました。
でも、そこの求人先から後日連絡があり、面接もしないままに電話で落とされてしまいました。その時はとてもショックで、どうして落とされたのかわからなかったのですが、その後に大学病院などで働いてみて、自分なりにこうなのかなと感じたことがあります。

きっと、私は医療事務の資格は持っていたのですが、経験がありませんでしたので、それが一番の理由かなと今では思っております。大学病院などの大きな病院で働いた時に、新人の人には、ほとんど付きっきりで仕事を指導して下さる方がいらっしゃいました。大きな病院になりますと、働いている医療事務員もそれだけ多くなりますので、新人の指導にに付く医療事務員がいても、ある程度その方のカバーができるのだと思います。

でも、小さなクリニックなどになりますと、医療事務員は2人などが普通ですし、多くても3人ほどしかいません。ですので、その状況の中で複数の患者様の対応をしながら、新人に対しての指導をすることは、少数しかいない医療事務員にとって、とても負担になることだと思いますので、その結果、落とされたのではないかと思います。

また履歴書の内容にも、落とされた理由があったのではないかと感じております。私は、医療事務員のアルバイトを希望する前までは、公務員試験の勉強をしておりました。国家公務員の保護観察官を目指し、ずっと専門学校に通いながら勉強を続けていたという経歴があります。一応、筆記試験には合格いたしましたので、その旨を少しだけ履歴書に書かせていただいていたのですが、クリニックの方にとっては、きっと統一感のない経歴だと受け止められたのではないかなと思っております。公務員からなぜ医療事務に!?と、きっとほとんどの方が思われることではないかと思います。

私としましては、国家公務員の保護観察官という職を目指しており、主に犯罪を犯した青少年の社会復帰のサポートすることが、仕事内容になっています。でも試験には合格できず、同じく人の役に立てる仕事はないかと探し始めたところ、医療の仕事の中でも、比較的早くに職に就ける仕事ということで、医療事務を目指し始めたのです。ですので、そこのところを、もっとクリニックの方に伝えられていればなと、後になって感じました。

クリニックに落とされた後は、派遣会社に登録をして求人を探しました。当時は、落とされた理由がわかっておりませんでしたので、自分のことを客観的に見て下さい、その上で求人を探して下さる派遣会社の方が良いのではと思い、登録を致しました。その結果、きちんと求人が見つかり、無事に働き始めることができました。

当初の希望であったアットホームな雰囲気の職場では、一度は落とされたものの、きちんと経験を積めば、いつかはそのようなところでも働けるようになるのではないかと思います。少し遠回りにはなりますが、経験を積むことで即戦力になりますので、小さなクリニックのような少人数で医療事務を行っているところでも、受け入れてもらえるのではないかと思います。