やり直せるなら就活の授業を真面目に受けたい

私は学生時代に就職活動を真面目にやらなかったことをすごく後悔しています。その頃、私は付き合っていた人がいたのです。私よりも3つ年上だった彼は、すでに働いていました。そして私に「俺のところに永久就職したら?」と何度も言っていて、私はその言葉を真に受けていたのです。学校で先生から就職のことを話題にされても、まったくそ知らぬふりでした。私には就職する必要がないと思っていたのです。おそらく先生のことも困らしていたと思います。こうして私は学校を卒業して、彼と同居するようになりました。

しかし彼との関係は続かなくて、結局同居して半年もたたずに私たちは別れてしまいました。ショックで泣き晴らしましたが、それ以上に困ったのが就職先です。今まで卒業したら結婚する自分には何の関係もないと思って、就職活動をしてこなかったけど、急きょ就職活動をする必要が出てきたのです。学生の頃に就職活動をきちんとしてこなかったせいで、就職活動の仕方すら分かりませんでした。就活の授業を真面目に聞いていれば良かったと後悔しました。

せっかく就活の授業があったのに、私は何をしていたんだろうとすごく落ち込みました。あんなに軽い男に騙されて、先生に「私永久就職するんで」と言っていた過去の自分が情けなく、恥ずかしいです。今考えても顔から火を噴きそうなほど恥ずかしいです。その後、何度受けても面接に受からなくて、やっと見つけたのが介護士の仕事です。こちらの就職先の給料には全然満足できないし、このままこの仕事を続けたいとも思っていません。今はいろんな資格を取得していて転職も考えています。学生の頃にもっとちゃんと就職活動を行っておくんだったと心の底から後悔しています。

もしあの頃に戻れるなら、何よりも一番就活の授業を真面目に受けたいです。寝たりさぼったりするのではなく、きちんと就活の授業に参加して話を聞きたいと思います。面接の練習も授業で何度もありました。以前はサボってばかりいて、まともに面接練習をしたことがありません。あの頃に戻れるならこの面接練習をしっかりと受けなおしたいです。

それから私の学校には、誰でも入れる就活ルームもありました。そこには毎日のように求人が届くので、生徒が自主的に求人のチェックができました。そこに行ったことは何度かあります。友達の付き添いで行きました。しかし私は全くそれを活用しませんでした。本当にもったいないことです。就活ルームには魅力的な求人がたくさんあって、みんな真剣に求人と向き合っていました。私もあの就活ルームをしっかりと活用したかったです。

今の職場で働いている先輩は学生の頃には、電話を使って気になる職場に直接電話をかけることもしていたそうです。求人を募集していないかと聞いて、ちょうど募集していたら面接を受けさせてもらったと聞きました。そうすると「積極性」を認められて、採用の確立がアップするらしいです。このような方法で就職活動をする人がいるなんて知りませんでした。もっとそういう就職情報を集めて、活用していたら良かったと思います。

私は学生の頃、すごく自分に甘くて、考えなしな行動をとっていました。それが今になって、自分を苦しめているという自覚があります。学生の頃の私は全然大人になり切れていなくて、たくさんの失敗を犯してきました。とても反省しており、やり直せるなら非常にやり直したいです。やり直してもっと給料がよく、待遇のいい職場で働きたいと思っています。

学生の頃はたくさんの生徒を育てた経験がある先生に面接や履歴書を直接チェックしてもらえました。せっかくのこのような良い環境をもっと使えば良かったです。学校は就職活動のやり方や面接の練習をしっかり学べる施設でした。この施設をきっちりと使わなかったことは今すごく後悔しています。